2014年01月18日

蜜柑(二) 作:芥川龍之介

”私”は読みかけた夕刊を放り出し、憂鬱な気持ちでうつらうつらし始めた。ふと目を上げると、例の小娘が私の隣で、汽車の窓を開けようと悪戦苦闘している。

posted by utaurkujira at 22:03| Comment(0) | 朗読 | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

蜜柑(一) 作:芥川龍之介

芥川作品の中で、一番印象に残った物は?と訊かれたら、私は迷わずこの作品を掲げるでしょう。

posted by utaurkujira at 18:55| Comment(0) | 朗読 | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

走れメロス(四) 作:太宰治

泉の水で生気を取り戻したメロスは再び走り始める。今にも沈みきってしまいそうな夕日を見つめながら・・・。セリヌンティウスの弟子の制止を振り切りこう言い放った。「私は、何だかもっと恐ろしく大きいものの為に、走っているのだ」。

posted by utaurkujira at 17:36| Comment(0) | 朗読 | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

走れメロス(三) 作:太宰治

激しい濁流を泳ぎ切り、王が差し向けた山賊の囲みをも振り切ったメロスだが、遂に疲れ果て一歩も前進できない。その疲労は、メロスの心までも蝕もうとしていた。

posted by utaurkujira at 12:42| Comment(0) | 朗読 | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

走れメロス(二) 作:太宰治

メロスの友、セリヌンティウスは約束通り、王城で人質となった。メロスは走った、3日目の日没までに王城に戻るために、よき友を救うために、そして自分自身が殺されるために。

posted by utaurkujira at 11:10| Comment(0) | 朗読 | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

走れメロス(一) 作:太宰治

”メロスは激怒した”冒頭のこのたった8文字が、強大な力で、最後まで物語を引っ張り続けている、、、と感じました。


2013年6月2日 ケロログ投稿
posted by utaurkujira at 02:15| Comment(0) | 朗読 | 更新情報をチェックする

注文の多い料理店(二) 作:宮沢賢治

空腹を抱えて飛び込んだ、”西洋料理店 山猫軒”。二人の紳士は、次々と現れる扉の多さに戸惑いながらも、そこに書かれた注文に応えて行く。果たして最後の扉の向うで彼らを待っていたものは、、、。


2013年5月7日 ケロログ投稿
posted by utaurkujira at 02:07| Comment(0) | 朗読 | 更新情報をチェックする

注文の多い料理店(一) 作:宮沢賢治

これほど有名な作品じゃなければ、誰もが ”忙しいレストランの話”と思うだろうか。子どもの頃の私のように、、、。


2013年4月13日 ケロログ投稿
posted by utaurkujira at 02:06| Comment(0) | 朗読 | 更新情報をチェックする

白(五) 作:芥川龍之介

白との旅もそろそろ終点です。
今夜辺り、あなたは月を見上げたくなるかもしれません。


2013年3月23日 ケロログ投稿
posted by utaurkujira at 01:56| Comment(0) | 朗読 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。