2015年08月12日

どんぐりと山猫(2) 宮沢賢治

一郎ははがきの差出人、山猫を探して歩き回りました。
ぶなの木やきのこ、リスに聞いてもはっきりしません。
やがて、「山猫さまの馬車別当」だと名乗る男に出会います。



posted by utaurkujira at 22:15| Comment(0) | 朗読 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。