2013年09月28日

走れメロス(四) 作:太宰治

泉の水で生気を取り戻したメロスは再び走り始める。今にも沈みきってしまいそうな夕日を見つめながら・・・。セリヌンティウスの弟子の制止を振り切りこう言い放った。「私は、何だかもっと恐ろしく大きいものの為に、走っているのだ」。



posted by utaurkujira at 17:36| Comment(0) | 朗読 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。