2013年06月29日

走れメロス(二) 作:太宰治

メロスの友、セリヌンティウスは約束通り、王城で人質となった。メロスは走った、3日目の日没までに王城に戻るために、よき友を救うために、そして自分自身が殺されるために。



posted by utaurkujira at 11:10| Comment(0) | 朗読 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。